情報シンポ 2021

AIJISA 2021

Humanity DX

2021.12.9 [Thr] 10 [Fri]
立命館大学朱雀キャンパス・京都
Ritsumeikan Univ.
Suzaku Campus Kyoto

Humanity Digital Transformation (DX)

今年度も第44回情報・システム・利用・技術シンポジウム(情報シンポ 2021)を立命館大学 朱雀キャンパス(京都市)+オンラインのハイブリッド型、対面型の実施が困難な場合にはフルオンラインにて、2021年12月9日(木)~10日(金)に開催します。開催にあたり、建築・都市・環境と情報・情報技術(IT)に関する発表原稿を広く募集しますので、募集要項をご覧のうえふるってご応募くださいますようお願い申し上げます。

今年のテーマは「Humanity DX」です。各国で推進されている “Digital Transformation [DX]”は、デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革し、革新的なイノベーションをもたらすものと定義づけられています。一方で、DXは技術的なイメージを強く持ちます。私たちは“DX”に「ヒューマニティ」を加えた世界・社会の構築を考える必要があるのではないでしょうか。「ヒューマニティ」は、文化的豊かさを重要視する社会であり、それはまた自然も含む「人」に着目したまちづくりを行うことでもあります。

AIJISA 2021 (The 44th Symposium on Computer Technology of Information, Systems and Applications) organized by Architectural Institute of Japan will be held again this year at Ritsumeikan University's Suzaku Campus (Kyoto, Japan) in a hybrid format of online and, in cases where face-to-face implementation is difficult, fully online, on December 9-10, 2021. We are looking for your submissions on architecture, urbanism, environment and information, and information technology (IT).

This year's theme is "Humanity DX". On the one hand, Digital Transformation (DX) is being promoted in each country and has penetrated digital technology in ways that are transforming people’s lives for the better and bringing about innovation. On the other hand, DX has a strong technological image. We would like to add "humanity" to "DX" to suggest a new world and society. "Humanity" is corrective cultural richness. It suggests a society that attaches great importance to and also focuses on the connection between people, nature, planning and community development.

News

Call for Papers

建築・都市工学の進歩、建築・建設事業の発展、建築設計者・技術者の資質向上に寄与する論文を募集いたします [募集するカテゴリーの一覧はこちらです]。募集は「論文」「報告」「インタラクティブ発表」の3部門があります。論文・報告フォーマットは2019年度より変更しておりますのでご注意ください。詳しくは募集要領をご覧ください。

AIJISA 2021 invites original research and technical papers to foster architecture/urban planning, design, construction and management field, and to improve qualities of design and engineering (see Category). Papers are categorized three: Full paper, short paper and interactive presentation. All the accepted papers are included in conference proceedings. The formats of full and short papers have been changed since AIJISA 2019. See the detailed information.

Jul 9, 2021 [Fri]

論文原稿/報告申込み締切 [7月1日から受付開始] | Deadline for full paper submission and short paper application [Open on Jul 1]

Oct 1, 2021 [Fri]

論文/報告/インタラクティブ発表最終原稿締切 [9月25日から受付開始] | Deadline for camera-ready full/short/interactive presentation paper submission [Open on Sep 25]

電子投稿サイト | Electric Submission System

Dec 9, 2021 [Thr] – 10 [Fri]

第44回 情報シンポ 2021 | 44th AIJISA 2021

電子投稿サイト Submission Site [OpenConf]MORE INFO

Keynote Speakers

テーマ「Humanity DX」にふさわしい講演者を国内外よりお招きして最先端の話題共有と議論をおこないます。

We will invite researchers and practitioners from Japan and abroad to share and discuss cutting-edge topics that are appropriate to the theme “Humanity DX”.

Sponsors

情報シンポ2021の主旨にご賛同いただけるスポンサーを募集中です。ご賛同いただきロゴ掲載が可能となった企業様より掲載しています。

情報シンポ2020参加者の声 Comments from AIJISA 2020 participants

  • 急な環境の変化とサービスの立ち上げで運営に関わった関係者の皆様に大変感謝しております。特に地方からの参加はオンラインからの方が利便性が高く、対面との併用が望ましい形と考えています。(特に地方の学生は、先端技術について、なかなか知ることができませんので)

    50代男性 50s male
  • 初めて参加しました。授業等があるのでオンラインが参加しやすいですが、質疑の際、質問が少ないのが気になりました。質問しやすい配慮・工夫があると良いと思います。運営ありがとうございました。

    40代男性 40s male
  • オンラインでの実施の準備大変なものだっと思います。本来京都での開催だったとお聞きしましたが、オンラインであったため今回視聴することができました。ありがとうございました。

    30代女性 30s female
  • 研究のご発表や基調講演などからとても有意義なお話を聞かせていただきました。WEB会議の場合、質問がしにくいと昨年の会場参加と比べて感じてしまいました。来年も非常に楽しみにしております。

    30代男性 30s male
  • 懇親会の空間のまま講演会があると面白いと思いました。

    30代女性 30s female
  • オンラインは参加しやすい一方で、懇親会やネットワークづくりが難しいと感じました。RemoよりもSpatial Chatの方が個人的には懇親会に向いているように感じました。

    30代男性 30s male
  • 人の話を聞けこれからの展望として生かしたいと思いました。

    20代男性 20s male
  • Thank you very much for accepting me as the presenter of the short paper, I hope the Indonesian Architects Association (IAI) has a good relationship with AIJ for the next event. Bravo Architecture!

    20代女性 20s female